犬猫に塩分摂取をさせるのは絶対に危険?

オープンより3年目。

 

少しずつはこのご質問は減ってきたような気もしますが・・・

それでもまだまだ聞かれることが多い

 

犬猫に塩分摂取をさせると絶対に危険!というお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、

 

ある症状などの一定の条件のなかでは

 

「控えた方がいい場合」

 

「栄養学に精通した、獣医師の指示を受けながら与える必要性」

 

そういう場合もあるのは、事実です。

 

ですが、「健康な状態」の犬猫の場合でしたら

適度な塩分摂取・水分摂取がきちんとできる環境でしたら

 

某内臓器官が勝手に調節をしてくれ

原則としては、余計な摂取分は尿として排泄してしまうため

特に問題はないと思われます。

 

ちなみに、

適量の塩分というのは、

血液中に1%含まれていることを考えても

ヒトも犬も猫生きていくのに「必要なもの」であります。

 

もし、塩分摂取が絶対にいけないのなら

 

 

 

 

 

 

 

こんな良く見かける素敵な光景、

とっても危険な事ですし、すでに禁止とされているでしょう。

 

 

実際、塩分というのは

市販フードや獣医さんなどでいただく

一部の療法食にも入っております。

 

手のひら一杯に、毎日与えるなどの

極端な事をしなければ、

 

「健康な愛犬・愛猫」が塩分摂取をしても

 

特にそう問題はないとおもわれますので

ご安心を頂ければと思います。

 

もっと詳しく知っておきたいという方は

当店のセミナー(セミナーページはこちら)

メール相談をご検討いただければと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA